メニュー 閉じる

【お手軽おいしい】スペインのカクテルKalimotxoとは?

¡Enhorabuena!

LCAのGarciaです!!
ラグビーワールドカップでは、日本が大金星をあげた一報、競合の一角であるはずのアルゼンチンはちょっと調子が悪いですね。。。
日本代表だけでなく、アルゼンチン代表もぜひ、応援してあげてください!(ウルグアイは、アップセットに成功しましたね!)

【お手軽おいしい】スペインのカクテルKalimotxoとは?

まず、スペイン語を勉強していても一瞬読み方に戸惑いますね(笑)
カリモーチョ(カリモッチョ)と読みます。

 

どんなカクテル?

ワインとコーラを半々程度に割ったものです。
つまり、アルコール度数はだいたい5-7%になります。

 

名前の由来は?

スペイン北部バスク地方のKalimero(カリメロ)さんとMotxo(モッチョ)さんの名前が起源であるという説が有力です。
祭りの際、仕入れたワインの状態がよろしくなく、誤魔化すためにカクテルとしてコーラを混ぜたというストーリーです。(メキシコで生まれたカクテルという説もあります)

ちなみにこの名前が付く前は、「貧乏人のキューバリブレ」と呼ばれていたそうです。。。
ワイン、安く手に入りますからね。

 

おいしいの?

だいたい想像がつくと思いますが、普通においしいです。
「サングリアは作るの面倒だし、ラムは高いし、、、」という妥協の産物かもしれませんが全くネガティブな要素はありません。

日本在住のスペイン人とファミレスに行くと、安いワインとドリンクバーのコーラでCalimotxoを作っては豪快に流し込んでいます。

 

さいごに

手軽に作れておいしいカリモーチョ。
ついつい飲みすぎることもあるかもしれませんが、お酒はほどほどに!そして飲酒は20歳から(コレ絶対)!

以上、Garciaでした!