メニュー 閉じる

スペインワーキングホリデービザ申請「聞いてないよ!」編

こんにちは!Garciaです!!!

なかなかスッキリと梅雨が明けませんが、いかがお過ごしでしょうか?

そんな天候のなか、今回の記事もあまりスッキリしない内容にてお届けいたします。
(先に謝っておきます。。。)

 

夏期留学のビザ申請ピークも終わり、一息ついている方も多いところですが、
ペルーのことわざ、Nunca nadie esta seguro de nada. を思い起こされるようなビザのマイナーチェンジがまた発生しております。

ひとことで言えば、書類の中にある特定の事項の記載があると却下されるという恐ろしい「マイナー」チェンジです。

結果、該当したお客様はガルシアがウラワザ(?)を使って事なきを得たのですが、危ういところでした。

大使館ページには記載もなく、また同時期でも受付担当の職員によってOKだったりするようなのですが、
不確かな情報なので、公に断言できないのが正直なところ。。。

まるで釣りのような記事で申し訳ないのですが、これから申請される方でこちらの記事をご覧になりましたら、
悪いことは言いませんので、ひとことご相談いただけましたら幸いです。

その他の国も、
ニュージーランドでは申請料が有料になったり、
オーストラリアでは残高証明書が必要になったり、
少し前ですがカナダでは指紋認証が必要になったり、
と不利な方向への変化が進んでいますね。

皆様が安心して留学できるよう、情報をしっかり蓄えてまいりますので、よろしくお願いいたします。

では、Hasta la Vista!

Garcia